2016年01月22日

‐誰のために‐

ふとした瞬間(とき)に昔の歌を思い出す事が増えたように思う。


私は 誰のために 生まれてきたのか…

あなたに めぐり会って 答えを知ったわ

これまで ひとり 生きる意味を いつも 私は 探してた

あなたを 愛するため 生まれてきたのよ



あなたを(あなたたちを)愛するため――恋愛ではなくして 人間愛 場合によれば家族愛だったとしよう。

誰のために…なかなかたどり着けないし 思うようにもいかない事のほうが多い。

空回りもするし 上手く意思を伝えられない事が多い……が いつかきっと叶うときがくる。

生きた証は 芸術家なら作品 曲 小説……として伝えられていく。

人は遺伝子を残す事で伝える性があるのかもしれない。

人の心の中に残り 語り継がれていく そんな生きざま は可能なのだろうか。



posted by ニックネーム準備中 at 13:22| 日記